サッパガマとは

会津木綿のサッパガマ・サルッパカマ

東北地方の伝統的な農作業着です。
動きやすい構造に加え、会津木綿の通気性や吸水性、耐久力を加えた機能的な仕事着です。
形はお尻ふっくら、膝下フィットで、サルエルパンツやジョッパーズに似ています。

名称は、東北ではタッツケ、スネコタヅギ、マツカタヅギ、スネコデタチ、サルッパカマ(猿袴)、サルモモヒキと呼ばれています。現在も福島県の会津地方ではサルッパカマと呼んで農作業着として着用されています。

会津木綿

会津木綿

会津木綿(あいづもめん)は、会津に伝わる伝統工芸品です。

木綿平織の堅牢な織物で、古くから野良着などとして広く着用されてきました。紺地に白い縞を織り出すものが元々一般的でしたが、現在は赤や緑など様々な色の縞柄が織られています。厚みがありふっくらとした質感で、一般的な木綿平織物に比べて縮みにくいのが特徴です。

経糸を小麦澱粉の液に漬けて固く糊付けし、横糸を織り込んでいく工程に特徴があり、糊付けしたことによる細かな節が経糸と横糸の間に空気の層を含む役割を果たしています。生地によく空気を含むため、汗をよく吸い込み保温性に優れます。

商品検索

商品カテゴリー

サッパガマについて